割り切りや援交女はOKして会ってからタダマンセックスするべし!

MENU

割り切り女に金を渡すな!出会ってからタダマンに持ち込むべし!

割り切りや援助交際。一体、何時から日本の女は売春行為を当たり前と思うようになったのだろうか?出会い系・ツーショットダイヤル・テレクラ・出会いカフェ。ネットや店舗型の異性紹介サービスを使う上で避けて通れないセミプロ女達・・・

 

割り切りセミプロ女を許すな

 

ハッキリいって女達も悪いが、彼女達に容易に金を渡してセックスするエロ河童親父の責任は非常に重いと思う。

 

大体、ナンパの定義を履き違えてはいないだろうか?ダメ元で声を掛けて必死に女を口説く。断られても鉄の精神で次の獲物を狙う。数打てば当たるの戦略でガンガンアクティブにタダマンして行くのが本物のナンパ師であり出会いサービス本来の利用法ではないのだろうか?

 

もし、この記事を読んでいる男達の中で、一度でも割り切りや援助交際に手を出した事のある人は即刻考えを改めるべきだろう。女に金を支払いセックスする事は、ある意味で自分で自分の首を締めている事に気付いて欲しい。

 

女は一度美味しい思いをすると、中々その甘い蜜から抜け出す事を嫌う・・・割り切りや援助交際の相場は大体一回のセックスで1,5万から3万円程度と言われている。恐らく、最近はアベノミクスによる景気回復で売春の単価も徐々にだが上がってくるだろう。

 

だからこそ、割り切りや援助交際の出会いは根絶しなければならないと私は感じている。

 

今回はそんな割り切りや援助交際などを日常的に行うセミプロ女達に鉄槌を食らわすナンパ手法を公開したい。

 

まずは出会い系でもツーショットでも割り切り女に売春を提案された場合は一度OKしてしまうのだ。相手が3欲しいと言って来たら「3でOKだよ」と言ってしまって構わない。

 

とにかく条件を受け入れて出会ってしまうのだ。

 

出会ってからがこのナンパ手法の腕の見せ所である。まず絶対に女に金を渡さない事!セミプロ女は慣れているので直ぐに「ホテル行こう」となるが、直ぐにはラブホには行かない。とりあえずは酒を飲みに行こうと提案するのがポイントである。

 

居酒屋でもBARでも構わない。とにかく酒の力を借りてセミプロ女を上機嫌にさせるのだ!酒が入れば女はエロい気分にもなってくる。会話の中でエロトークを繰り広げれば、徐々に女は純粋にセックスをしたいと思って来る。割り切り女は初めからセックスするつもりで会いに来たのだから、その気分は更に高まる筈だ。

 

注意点としてはお互いに酔っているとは言え、無理やりセックスするのは御法度だ。これではレイプと変わらない。あくまで甘いトークで女を完璧にセックスモードに仕立て上げるのがコツである。

 

セックスが終わったら、サクっとラブホを出て「じゃあまたね!」と相手から「金」と言う文字を思い出させないまま分かれるのが最大のポイントである(笑)後でメールやLINEで「そういえばお金貰ってないんだけど」と言われた場合は、「ゴメンゴメン!酔ってて忘れてた!次会う時にあげるね」などと適当に誤魔化せば良い。

 

とにかく今はセミプロ女達の暴走を止めるべきだ!